mimi5577のブログ

とりとめのないブログです。よかったら見ていって(^_-)-☆

辛いときは逃げて!

先日、厚生労働省が2021年自殺対策白書の概要を提示した。

今回のブログは、大変デリケートなので、辛い思いをされている方は、閲覧を控えていただくよう、強く勧めます。

f:id:mimi5577:20211009200823j:plain

厚生労働省の2021年版自殺対策白書の概要が28日、判明した。新型コロナウイルス感染拡大が起きた20年の自殺の状況を過去5年平均(15~19年)と比較、分析した結果、増加が顕著だった女性の自殺の中で「被雇用者・勤め人」が381人増と大幅に増え、原因・動機では「勤務問題」が最も大きく増加したことが分かった。

 20年の自殺者数は2万1081人(前年比912人増)。男性は11年連続で減少したが、女性は2年ぶりに増加した。

 「勤務問題」の内訳について過去5年平均との比較で増加数が多かったのは「職場の人間関係」(39人増)だった。(西日本新聞

「働く女子」の自殺者が増加している。そしてその多くが非正規雇用の女子。私も長らく非正規で働いていて、何度となく理不尽な思いをしました。正社員だった時も理不尽なことがあったが、非正規だと簡単に切られてしまう。気に入らない事や意にそぐわない事があると、簡単に切られてしまう。契約を切る理由が、仕事上の問題ではない事が多く、日本の闇を感じずにはいられない。

非正規の人で、本当に辛いときは、我慢しないで、逃げてほしい。本当に辛くてお金がない時は生活保護の道も考えてもいいと思う。以前にもこのブログで書いたが、自分を一番に考えてほしい。

mimi5577.hatenablog.com

日本の正社員の特徴は(あくまで一般論ですが)、派遣社員が活躍することを嫌います。自分より派遣社員が仕事ができたり、バリバリ働くことをよしとしません。特にこの傾向が強いのが、同じ職場内の女性正社員さんです。実際に私がある企業に派遣で働いていた時に、正社員女性が電話で「英語ができるのがちょっとねぇ~」と話しているのが聞こえた。多分私の事だと思ったけれど、その正社員の方は、会社の費用で英語を習ったみたいだが、全くダメだったようだ。もうお気づきだと思うが、正社員女子の多くはプライドが高く(特にお局クラスの方)、自分より何かに秀でていると気づくと潰しにかかります。

そして、男性社員の多くは、そういった事を遠くから眺めているだけで、何もしません。そして、派遣女子は孤立してしまいます。

いろいろと派遣法が改正されるが、どれもこれも企業に甘いものばかり。そこで私は以下のようにして欲しいと考えました。

①派遣切りを企業側からするときは、給料(月額)の2~3ヵ月分を退職時に支払いの義務化。

②派遣切りを企業側からする場合は、派遣切りする人数の制限を設ける。例えば、1~10人派遣を雇っている企業は派遣切りできる人数は3人までで、3人を超えた場合は半年~1年派遣を雇ってはいけない。11~30人の派遣を雇っている場合は総数で20人以上派遣切りをした場合は1年以上の派遣雇用の禁止。31~100人の派遣雇用者は1回の派遣切りの人数は派遣総数の半分までで、最大5回までで、5回を超えた場合は2年以上3年以下の派遣雇用の禁止。

③派遣雇用をする場合は、派遣人数の割合(5~20%)に合わせての正社員登用の義務化。

④派遣雇用する場合は、最低時給を1200円以上に設定。

このくらいをしないと、日本のお仕事女子はやっていられないし、本当にみんな海外(主にアメリカ)に移住したほうがいいかもしれない。

本当に日本の社会は女性蔑視が過ぎるように思う。女性の職業は、賃金が低く設定されていて、非正規の場合が多い。女性が多い職場でも、責任者は大概男性だし、女性独特の職種(保育士・介護士)などは、賃金設定が低い。同じ内容の仕事をしていても、男性より女性の方が賃金が低い。

いつまでたっても、日本は日本女性にとって、生きづらい国なのだと思ってしまう。